Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

車を綺麗な状態に保つ秘訣!こんな汚れは要注意?!洗車の豆知識

2月から4月は、風が強い日が多くさらに花粉が大量に飛ぶ時期!

1年で一番車が汚れる時期、といってもいいのではないでしょうか・・

花粉以外でも車に良くない、ほっておくと大変なことになる汚れについて書きますね!

落ちにくくなる車の汚れがついてしまった時に参考にしてください。

こんな状態になったら洗車すべし!こんな汚れは要注意!

車庫保管なら洗車後も綺麗な状態を保てますが、青空駐車で車を走らせれば汚れるのは当然。

私のエクスプレスも青空駐車なので、洗ってもすぐ汚れます(;´∀`)

しかし!

以下の汚れがついたらスグに洗車した方がいいですよ!

放置すると大変なことになっちゃうかも!(;´Д`)

花粉

花粉が最も多く飛ぶ2月~4月は、風が強い時期でもあり車が汚れやすくなりますね。

またすぐ汚れるからといって放置するのは良くないです!

花粉が付着して雨が降り晴れる、これを繰り返しているうちに車のボディについた花粉が固まっていきます。

そうすると、洗車をしても花粉が落ちにくくなってしまいます。落ちないからといってゴシゴシ洗いなんかしてしまったら小傷の原因になります。

↑↑これは雨が降って晴れた時のエクスプレスのボンネットについた花粉の固まり。

これを放置すると落ちにくくなります。

以前、ガソリンスタンドで勤務していた時もお客さんの車が洗車機で洗っても花粉が落ちないということが多々ありました。

頑固な固まりになってしまうので、花粉の時期はマメに洗車した方がいいですよ。

鳥フン

私のエクスプレスもバードミサイルをよく落とされますww

鳥のフンには、車の塗装面に悪影響なたんぱく質と尿酸が含まれており、放置すると塗膜を溶かし跡が残ってしまいます。

放置せず、スグに水で洗い流すようにしてください。

タオル等でふき取るのは小傷の原因になるので厳禁、固まってしまった鳥フンは水で柔らかくしてから洗い流すようにしましょう。

もし、鳥フンの跡が残ってしまったら、コンパウンドで磨けば落ちるかもしれませんが、磨きすぎるとさらに傷を増やすことになるので、気をつけてください。

鳥フンを落とされたら、固まる前にスグ水で洗い流すのがベストです!

特に春~秋に、夜間高速道路などを走るとフロントガラスやサイドミラー、バンパーに大量の虫がこびりつきますよね。

これもスグ洗わないとなかなか落ちません。

長距離走行後はスグに洗っても落ちにくいこともあります。

放置すると落とすのが本当に大変になります!!

放置せず、虫取りクリーナーなどを使って洗車すると落としやすくなりますよ。

もちろんタオル等でふき取るのは厳禁、水と虫取りクリーナーなどで虫をふやかしてから洗うようにしましょう。

樹液

木の下に駐車しておくと、ボディがザラザラになっていることがあります。

木の樹液が固まってザラザラになってしまっているんです。

樹液も放置しすぎると、洗車だけでは落ちなくなってしまうので、マメに洗車したり、コーティングをしてあげると落としやすくなります。

樹液を落とすときは、高圧洗浄機で十分に水をかけてから洗ってみてください。

それでも落ちないようなら、洗車後にワックスをかけると落ちやすくなります。

落ちなくなる前に洗車するのがベストです!

アメ車の洗車について

基本的に大きなアメ車は、洗車が大変・・

ガソリンスタンドで洗車をお願いしても、断られちゃうことも多いですよね(;´∀`)

外車だし、大きいし、洗車機に入らないという理由で断られちゃうんですよね。

ガソリンスタンド側からしたら、何かあったら困るということだと思います。

そうなると自分で手洗いするしかないんですが・・

私もガソリンスタンドに勤務しているときは、仕事の延長で週一ペースで洗車していましたが、辞めてからは月一ペースですw

だいぶサボってます・・(;´∀`)

でも、今回紹介したような汚れがついたときは、スグに洗車するようにしています。

大事な車の綺麗を保つためには、マメな洗車が一番です!(*^^*)

自己流★洗車の仕方はこちらの記事を見てね♪

やっぱり綺麗な愛車はカッコよく見えるし、気持ちがいいですからね♪ヽ(^o^)丿