Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キャンピングカー【BCヴァーノン】のブレーキパイプ交換

アメリカのキャンピングカー(モーターホーム)BCヴァーノンのブレーキパイプ交換を出張修理で交換してきました。

事故になりかねないブレーキのトラブル・・・

アメリカ製のキャンピングカーにはあり得るブレーキのトラブルについてご紹介します。

アメリカのキャンピングカーに多いブレーキのトラブルとは?

BCヴァーノン】ブレーキオーバーホールの記事でも紹介しましたが

アメリカのキャンピングカーによくある、ブレーキの引きずりを起こすことが多い。

特にベンデックス製のキャリパーが、引きずりを起こすことが多いです。

(年式が新しいアメ車は、ブレーキキャリパーの性能も良くなっています)

ブレーキパイプからキャリパーをつなぐブレーキホースも、経年劣化によりオイルが漏れることもあります。

もう一つは錆によるブレーキパイプの腐食です。

ブレーキパイプの腐食により、走行中にブレーキオイルが漏れたら、重大な事故になりかねません!

アメ車の下回りは特に錆やすいです。

  • スキーに行くことが多い(雪道走行)
  • ジェットスキー、サーフィンで海に行くことが多い
  • 駐車場所が海から近い

などの錆やすい環境でキャンピングカーを使用している方は特に、定期的な点検とメンテナンスが必要です。

有効なメンテナンス方法は、下回りのアンダーコート。

アンダーコートは、粘度の高い塗料で下回りを塗装することで、防錆・防音・防熱・防振・防水などの効果があります。

もう一つは、シャーシブラック。アンダーコートよりは質は落ちますが、車検時に毎回シャーシブラックで塗装してあげることにより、錆を防ぐことができます。

【BCヴァーノン】リアブレーキパイプ交換

出先でブレーキが利かなくなり、レッカーで近くの知り合いの家に運ばれたBCヴァーノン。

ブレーキが利かなくなった原因は、リアのブレーキパイプが錆で腐食しオイルが漏れたことによるものです。

走行不能の状態なので、出張修理でブレーキパイプを交換しました。

パイプが腐食していたのは、デフの頂点部分です。

この頂点部分にパイプを固定するプレートが付いていて、そこに水がたまり錆びて腐食してしまったようです。

腐食しているパイプのみを外し、その場でパイプを作成し取付します。

外したブレーキパイプ。かなりひどく錆びていました。

固定するネジ部分を作成し、同じ形になるようにパイプを変形させます。

パイプを取付し、オイルのエアー抜きをして作業終了。

今回は、とりあえず自走できるようにするため、腐食した部分のみを交換しましたが、前から後ろまで錆びている状態なので、全部の交換が必要です。

走行中にブレーキオイルが漏れたらどうなる?!

紹介したBCヴァーノンのように、もし走行中にブレーキオイルが漏れると

ブレーキがスカスカの状態

になります・・(;´Д`)

ブレーキオイルが漏れると、油圧が逃げて、ブレーキペダルの踏みしろが深くなります。

車が止まらなくなるんじゃないか?!!!

と恐怖になってしまいますが、完全にブレーキが利かなくなる訳ではありません

ブレーキは2系統に分かれているので、後輪が利かなくなっても前輪でブレーキをかけるので止まらなくなることはありません。

しかし、急にブレーキがスカスカになったら、かなり怖いです・・

それが坂道だったら・・なんて考えたら、事故につながる可能性もありますからね。

もちろん、走行できない状態になるので、レッカーになります。

このようなことが起きないように、定期的な点検・メンテナンスがとても大事なのです!

ちょっと心配だなぁ・・

なんて思う方は、点検してもらってくださいね!